月刊「トップポイント」という雑誌をご存知だろうか。毎月10冊程度の「一読の価値ある新刊書」を紹介してくれる。表紙はこれ

KC4H0064

KC4H0064

未だ購入はしていないが、面白い本の紹介があったので、それを紹介する。
スタンフォード大学の心理学者であるケリー・マクゴニガル先生が書いた
「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」

トップポイントでは、まず4行で本の超簡単な解説がある。この本の個所は

KC4H0065

KC4H0065

10冊程度の紹介があり、面白そうだと思ったら要約の頁に飛ぶ。この本では

KC4H0067

KC4H0067

左の頁に1頁での要約がある。さらに読もうと思うと、次頁から3頁分ですこし詳しく要約している。便利だ😀
最初の1頁の冒頭部分

KC4H0062

KC4H0062

内容を一部紹介する。
長年ストレスは健康に悪いと思われてきたが、実際はそうではない。1998年から米国で3万人を対象に行われた調査結果がある。死亡リスクは「ストレスは健康悪い」と考えた人では高まったが、そう思わなかった人では上昇しなかった。

ストレスは、人を賢くし、強くし、成功へと導く。

ストレスはあってもそれほど危険でない場合には、脳と体は「チャレンジ反応」という別の状態に切り替わる。気分を高揚させる脳内化学物質が急増し、力が湧いてくる。

ストレスを感じると主にオキシトシンというホルモンの働きにより、人とのつながりを求める気持ちが強くなる。「思いやり・絆反応」が起こる。

強度のストレスが起こった後には、脳は神経細胞間の結合を「再配線」し、ストレス経験を記憶し、そこから学ぼうとする。この時、ストレスホルモンは、学習と記憶をつかさどる脳の領域の働きを活性化させる。

まとめると、ストレスは、あなたが困難な状況にぶつかった時には最大の味方になる。

詳しく知りたい方は、本を購入し読んでください

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

山下江法律事務所が発刊した一般向け相続解説本

<相続・遺言のポイント50>弁護士による解説動画を公開中
下の「チャンネル登録」ボタンをポチッとクリックお願いします

山下江法律事務所 相続・遺言のポイント50

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です