[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

江田島市(能美島・江田島)では、能美島の沖美町にて、株式会社フルサワによって
開始されようとしている汚染土壌処理事業に反対する運動が、昨年3月以降、
地元全11漁業協同組合や住民らにより起こっています。
約400名の参加の元、「汚染土えたじま持ち込み反対協議会」が結成されました。

住民らは汚染土の飛散や落下によって海が汚染されること、そして、
カキなど江田島の海産物に対する風評被害が起こることを恐れています。

このような広範な反対運動があるにもかかわらず、
9月6日、フルサワは広島県に対し、事業開始のための汚染土壌処理業の許可申請、
そして汚染土を運び込む桟橋設置のための海域占用許可申請を行ってきました。

そこで、同協議会はやむなく、10月29日(月)午後,訴訟提起を行うこととしました。

訴訟提起については,以下のとおりです。
沖漁業協同組合,鹿川漁業協同組合,美能漁業協同組合,三高漁業協同組合と各組合長を原告として(③④は4漁協のみ),
広島地方裁判所に対して
①広島県がフルサワに対し汚染土壌処理業の許可を与えないこと(差止)
②同仮の差止
③広島県による平成30年3月30日付けの海域占用許可の取消
広島県が海域占用許可変更許可を与えないこと(差止)
④同仮の差止
広島地方裁判所呉支部に対して
⑤フルサワに対する操業禁止と桟橋使用禁止の仮処分命令申立

訴訟提起に向かう原告団と弁護団
(NHKテレビ29日夜放送)

KC4H3338

その後,広島弁護士会館にて,記者会見が行われした。
テレビ,新聞社など多数参加しした

この裁判においては、5名の弁護士により弁護団が結成されました。
(ぼくが弁護団長)
えたじまの海と自然を守り、漁業者の生活を守るため、
みなさまのご支援・ご理解をお願いします。

[ひらめき]ブログをお読みいただきありがとうございました。
冒頭の「弁護士」バナーをクリックが未だの方は、
以下の「弁護士」バナーをポチッとお願いできればと思います↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です