日本経済新聞・最終面が熱い!

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

日本経済新聞・最終面には、
1週間前くらいから、林真理子執筆による小説「愉楽にて」の連載が始まっている。
この欄は余り読んでいなかったのだが、偶然に林真理子の連載が始まった第1回が目にとまり、それ以降毎日読んでいる。
いきなり、シンガポールに住む日本の薬品会社の役員・久坂(50代)が、同じくシンガポールに住む日本人駐在員の妻との情事が終わった後の光景から始まる。久坂と女性らとの恋愛がその後・・・

かつての日経新聞に連載され一大ブームとなった「失楽園」(渡辺淳一著)の再来かと思わせるものがある。

最終面の左上には「私の履歴書」が1か月ごと交替で、著名人が登場するが、今月は、湯川れい子(音楽評論家・作詞家)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E3%82%8C%E3%81%84%E5%AD%90
同氏の20歳前後の激しい恋愛事情の執筆が続いている。さすが、作詞家!
読む人を引きつける力がある。こちらは、小説(フィクション)ではなく実際の体験を書いたものだが、小説以上に迫力がある。事実は小説より奇なりとでもいうべきか。

毎朝の元気をいただいている。感謝!

9月14日号最終面はこんな感じ↙

KC4H1231

 

「愉楽にて」↙

KC4H1230

「私の履歴書」(湯川れい子)↙

KC4H1229