情けない!男女平等、日本は120位

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」バナーをポチッとクリックお願いします。
クリックすると現在の順位が出てきます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

世界経済フォーラムが3月31日に発表した各国の男女平等の度合いを示す
「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は156か国中120位、
先進国では最低水準だったという。情けない

それを報じる日本経済新聞4月1日号

先進国の各国が男女平等の具体的施策をとることにより
男女平等を実現しているのに対して、政府の無策がこのような
結果をもたらしていると思う。大変残念だ。

例えば、アメリカ。
数年前に訪問したハーバード大学やMIT(マサチューセッツ工科大学)では、
入学定員について男女がほぼ50%ずつになるように定められている。
実際にぼくが訪問したときには両校とも女性が51%くらいだったと記憶している。

先日の銀座・日本橋グループのインターシティミーティングの講師
安宅和人さんの資料(PPT)でも

女性定員を50%とした場合に大学の学力は低下するだろうか。
男性と女性の知能程度は同程度と証明されているし、
実際、女性定員を50%とした上記米国の大学ではまったく低下していない。
それどころか、大学ランキングでも日本(東大や京大)を大きく上回っている。

大学(少なくとも国立)の女性定員を50%とすることはすぐにできることであり、
予算の増額も不要(安宅氏)。思い切った施策をすべきだ。
また、議員の男女枠についても大胆な施策を実施すべきだと思う。

こうした施策は単に男女平等の実現という観点からではなく、
ダイバーシティが経済発展の原動力となるという観点からも
必要なことと思う。

[ひらめき]最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッ!が未だの方はお願いできればとm(__)m
ポチッは1日1回有効で1週間の合計で、ランキングの順位が決まります。
弁護士ブログランキング1位かな?
ポチッとすると、現在の順位が出てきます↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村