6月19日(土)午後2時からYMCA国際文化ホールにて、
NPO法人広島経済活性化推進倶楽部(KKC)創立15周年記念講演会(第30回交流会)が開催され、約140名が参加した。

ユーグレナ社長出雲充氏の講演は、予想を上回る感動的刺激的内容であり、参加者をうならせたのではないかと思う。
講演する出雲氏
CIMG0832

出雲氏の人生が変わるのは、大学1年生の夏に極貧国バングラデシュに1か月滞在し、栄養失調の子どもを救いたいと思ったことだ。
大学に帰って、栄養失調を救うことのできる栄養の高いものは何かと教授に聞いたら「ミドリムシ」とのこと。これはワカメやコンブに似たもので植物と動物の栄養素を兼ね備えた物体。

しかし、その大量培養は極めて困難だった。出雲氏たちはこれを解決し、その生産・販売に協力してくれる企業を訪ねて回った。2年間で500社回ったがいずれも「他社採用実績がない」と拒否された。生活費も苦しくなり倒産の危機が迫る中で、501社目(伊藤忠商事)が取り組んでくれることに。

そこから快進撃が始まった。
設立当初資本金1000万円、3人で始めた会社(株式会社ユーグレナ)は、9年後の現在、資産価値1200億円、従業員190人に成長。
・・・・
2020年にはミドリムシで飛行機を飛ばしたい。

出雲氏はいう。
「挑戦はあきらめたらダメ。500回でダメなら501回目の挑戦を」
「1番になること。2番ではダメ」

詳しくは、のちにアップされる予定のKKCホームページを
http://www.keizai-kassei.net/

その後、KKCのこの5年間を含む15年間の活動報告と役員の紹介。
この日出席した役員18名
CIMG0894

過去KKCの交流会を契機に出資があった企業のうち5社から出資後の事業報告(アフタープレゼンテーション) が行われた。

その後、TBS系「歌王2016」にてグランプリの輝き、4月末デビューした香川裕光さんによるライブ優しい歌声が会場を癒した 🙂
CIMG1008
最後は、KKC理事伊東さんのアサラトも加わり
CIMG0994

KKCは15周年を機に、再度ベンチャー起業家支援の原点を確認し、広島経済の活性化のために尽力したいと思います。みなさまのご理解・ご支援をよろしくお願いします。

最後に出雲充氏とのツーショット
ミドリムシ ユーグレナ 出雲充

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2 thoughts on “ミドリムシ、2年間相手にされず501社目で

  1. 「ユーグレナ」とは「ミドリムシ」学名で「Euglena」と書きます。ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。
    5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物で、人類の師匠です。1660年代オランダの「微生物学の父」と言われたアントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。
    ミドリムシはべん毛の近くに、光を感じるきれいな赤い点(眼点)を1つ持っています。このユーグレナの赤い点が美しい瞳に見えたことから。「ユーグレナ(美しい眼)」と名付けられました。

    その後、1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らが、ユーグレナを用いて光合成の試験を行い、1961年ノーベル化学賞を受賞しています。

    1970年代、みどりむしはアメリカ航空宇宙局(NASA)で、宇宙開発の分野でも注目されました。
    ミドリムシが太陽光と二酸化炭素で育つことができることから一目置かれました。
    宇宙空間において、乗務員の呼吸によって排出された二酸化炭素がミドリムシの成長を促し、結果、酸素も得られるというメリットが発見されました。
    空気のない宇宙空間においても、緑虫は活躍しそうですね!宇宙に人類がどんどん進出する未来では、ミドリムシはとっても欠かせない存在になっているかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です