[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

日本経済新聞7月11日号に「少子化対策 盲点を探る 上」
の記事が掲載されていた

グラフをアップすると

まず、出産数においてフランス・スウェーデンに比べて、
日本や韓国が非常に少ないことが分かる。
そして、出産年齢の山も日本が30~34歳であるのに対し、
フランスは、25~29歳と若い。

一番驚いたことは、記事の最下段の真ん中あたり。
フランスやスウェーデンでは、高卒後すぐに大学に進まない人が
目立つ。大学入学者の平均は22歳という。
その間に結婚、出産、育児を選択する人も多いというのだ。

そこでグラフを再度見ると・・
20~24歳の出産については、フランスは日本の2倍以上となっいる。

画一的な生活スタイルと自由な生活スタイルの違い、
また、それを可能にする政府の政策があっての結果と思う。

待ったなしの日本の少子化対策。
フランスのように、税金を大胆に出産率上昇のために投入すべきと思う。

帝国ホテルのひまわり2

[ひらめき]ブログをお読みいただきありがとうございました。
冒頭の「弁護士」バナーをクリックが未だの方は、
以下の「弁護士」バナーをポチッとお願いできればと思います↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です