10月28日(金)夜、呉市内のホテルにて、加藤友三郎元帥研究会が発足した。
加藤友三郎は、元帥海軍大将で、広島県出身の初の総理大臣。
第9代呉鎮守府司令長官(1909年-1913年)だった。
あと5年でワシントン軍縮会議(1921年)から100周年を迎えるが、加藤友三郎は、同会議において、軍の利益より国の利益(平和)を優先し軍縮を進めたことで知られている。

修道館(現在の修道中学高校)出身であり、広島市では同校OBを中心に加藤友三郎顕彰会が結成されており、ぼくも会員となっている

加藤友三郎没90年祭

この度も修道中高繋がりでお誘いがあり参加した。
呉は、かつて海軍の拠点。現在は海上自衛隊がある。また、対岸の江田島市には海上自衛隊術科学校もあり、研究会には海上自衛隊幹部なども参加した。

発足宣言を読み上げる大之木理事(大之木ダイモ社長)(胡子雅信さんのfacebookより。以下同)
14889880_1191107050963325_8107719573293758411_o

やしゃごにあたる加藤健太郎さんが、資料などの基づき友三郎さんの幼少時代からを講演
14633445_1191107117629985_6840295488879512881_o

平和を考える機会になればと願う

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

山下江法律事務所が発刊した一般向け相続解説本

<相続・遺言のポイント50>弁護士による解説動画を公開中
下の「チャンネル登録」ボタンをポチッとクリックお願いします

山下江法律事務所 相続・遺言のポイント50

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です