[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

5月16日(水)夜の広島ペンクラブ例会は、
ロータリークラブの奨学生として来日したスペインからの留学生
ダマソ・フェレイロ君(30歳)が、
「ギリシャの美と芥川文学」と題して、講演を行った。

講演中のダマソ君

ダマソ君は、広大の博士課程に在籍中で、日本滞在は6年という。
流ちょうな日本語で、芥川が晩年にギリシャへの憧憬を募らせていたことを
説明してくれた。ギリシャのエロチックな身体美(パワーポイントより)

彼は来日して1年間かけて、芥川全集(もちろん日本語)を読んだという。
講演後、どうして芥川文学に興味をもったのか聞いた。
「17歳の時、本屋に行き、芥川の『みかん』という本と出合った。走る列車から外へみかんを投げるという話だが、そうした単純なことが小説になるのかと大変興味を持ち、芥川に引かれた」とのこと。

いろんな契機があるものだと、感心した
イケメン・ダマソ君とのツーショット

KC4H2603

なお、この日の例会にて、広島ペンクラブは、
新会長として、迫田勝明先生(医師)を選出した。おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です