ベンチャー支援のあり方を熱弁(広島経済同友会・創業支援委員会で山口泰久先生)

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

8月3日(木)、広島経済同友会の第2回創業支援委員会が開催され、
講演と今後の活動方針について検討した。

講演は、株式会社FFGベンチャーキャピタルパートナーズのマネージング・ディレクター山口泰久先生。(株式会社はふくおかフィナンシャルグループの100%子会社)
演題は「ベンチャーエコシステムとベンチャー支援のあり方について」
*「エコシステム」とは、動植物の植物連鎖や物質循環といった「エコ」を経済的な相互協力関係の意味に広げた概念。

山口先生は、約50のベンチャーを支援して約10を上場させ、そのうち2は株価100倍以上を達成したという超強打者。
世界での国や大学、そして日本での自治体でのベンチャー支援の取り組みの紹介は、目からうろこの驚きだった。その熱弁に感動した。

広島市での取り組みに比べ、広島県はイノベーションファンドを組成するなどしてより積極的にベンチャー支援を行っていると思っていたが、それすらもまだまだと感じた。

この創業支援委員会にて、ベンチャーの支援活動を行うとともに、調査を重ね提言ができればと思う。

懇親会で、山口泰久先生とのツーショット📷