フェアトレードのチョコレート ByShin

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」バナーをポチッとクリックお願いします。
クリックすると現在の順位が出てきます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

毎週水曜日は代表弁護士/田中伸からの発信です。

・・・・

バレンタインデーに、妻からフェアトレードのチョコレートをもらいました。
左側のカラフルでインパクトのあるパッケージの方は「トニーズチョコロンリー」、
右側のかわいいイラストが描かれている方は「ピープルツリー」のチョコレートです。

フェアトレードとは、直訳すると「公正な取引」ですが、
目指す解決課題は、労働問題や自然環境など多岐に渡り、
SDGsにもつながっています。

まずはピープルツリーのチョコレート。
有機栽培に力を入れている生産者団体が育てたカカオ豆を使用しており、
生産者が心を込めてつくった農作物をふさわしい値段で買い取ることによって
日々の生活を支え、つくり手の健康や環境を守り、
教育支援などのサポートをしているとのことです。
これらのチョコレートは、安価で溶けにくい植物性油脂ではなく、
溶けやすいココアバター100%で作られているため、
秋冬の限定販売となっています。

次にトニーズチョコロンリーのチョコレート。
妻の話によると、初めて店頭で見かけて買ってみたそうです。
このトニーズチョコロンリーは、オランダ人のジャーナリストである
トゥーン・ファン・デコーケン氏が、オランダのテレビ番組で
西アフリカのカカオ農家とその子供たちの厳しい労働環境を取材したのをきっかけに、
これらの強制労働に頼らないチョコレートバーを自ら作ろうと立ち上げたメーカーです。
早速食べようと思って包装紙を開けてみたところ、
通常のチョコレートバーと違い、割れ目が不規則に入っていました。
実は、これは単なるデザインではなく、チョコレート業界の利益が
不均等に分配されていることへのメッセージが込められているそうです。

数年前から、妻はバレンタインデーにフェアトレードのチョコレートを
プレゼントしてくれるようになり、この日は「美味しくチョコレートを食べながら、
世界の人々に思いを馳せる日」になっています。

[ひらめき]最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ポチッ!が未だの方はお願いできればとm(__)m
ポチッは1日1回有効で1週間の合計で、ランキングの順位が決まります。
弁護士ブログランキング1位かな?
ポチッとすると、現在の順位が出てきます↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村