[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」バナーをポチッとクリックお願いします。
クリックすると現在の順位が出てきます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

母の相続関係の手続きは無事終わったのだが、
母の自宅の押し入れに、金庫があることが分かった。

数年前に、母からは預金など財産のすべてを聞いていたのだが、
金庫があることはまったく聞いていなかった。
もちろん、解錠のための暗証番号は誰も聞いていなかった。
これ

重たくて、少々では動きもしない
解錠して中を確認しないわけにはいかない。

ということで、「カギの110番呉」に電話しお願いした。
土曜日夕方から開始したが、番号に電気信号をいろいろ送る?も無理。

次に、扉をバールでこじ開ける方法へ

こぼれ落ちているのは、コンクリート。
初めて知ったが、重さと防火のためにコンクリートが詰められているとのこと。
90分粘ったが、暗くなり(電気はストップしている)、翌日朝からということに。

朝9時30分から再開
力づくでがんばったが開かない・・
しばらくして、「別の方法にします」とのことで、
扉に電気ドリルで、いくつか穴をあけて、そこから鍵を操作


いろいろ穴から操作しているが、開かない
う~ん。難しいんだ・・・

11時20分。ついに、解錠
やったー オープン
中は?

金塊はなかった(笑)
中身はほとんどが、宝石類の鑑定書だった。

鍵屋さんは、以前、島の別荘で車の鍵を車に入れたままで自動施錠となり、
開けに来てもらった方で、当事務所呉支部の宮部支部長が加入している
中小企業家同友会呉支部でご一緒させていただいている会員の方でした。

金庫回りはコンクリートなどでだいぶ散らかったが、きれいにかたずけ、
あの重い金庫もほぼ一人で引き取っていただきました。

長時間にわたり、ありがとうございました

[ひらめき]最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下の「弁護士」バナー、未だならポチッとお願いできればと思います。
現在の順位が出てきます↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です