12月12日(月)お昼、帝国ホテル東京にて開催された
東京中央新ロータリークラブ例会。
卓話に、映画美術監督の部谷京子さんにおいでいただいた。
部谷さんは、『Shall we ダンス?』の美術に対し、日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞
するなど合計12回の受賞歴を持つ日本映画美術界におけるトップの方だ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E8%B0%B7%E4%BA%AC%E5%AD%90
広島国際映画祭の代表やひろしま観光大使でもある。
ご両親がぼくと同じ能美島(広島県江田島市)出身で、その実家がぼくの実家のすぐ近くだった。

この日は、映画とワタシ〜藤井道人監督『ヴィレッジ』公開に向けて〜
と題してお話された。

1980年製作の日米合作の映画「将軍」が映画美術監督として
の重要な転機になったという。

映画「ヴィレッジ」はこれ
https://village-movie.jp/

舞台を作るのに山の木を切るなど大掛かりな作業もされたという。
横浜流星がいいと!
ネタばれにならないように気を付けてしゃべられた(笑)
来年公開とのこと。大変楽しみだ。

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」バナーをポチッとクリックお願いします。
クリックすると現在の順位が出てきます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です