[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

3月26日(日)午後4時から、江田島市において、
「汚染土えたじま持ち込み反対協議会」結成大会が開催され、漁協関係者や地域住民ら約400名が集まった。地元出身の平口洋衆議院議員、沖井純県議会議員、広島県漁業協同組合連合会会長山本勇二さんを来賓として招いた。

会場は満杯に

反対協議会の代表に決まった久保河内鎮孝さん(大黒神島かき漁場管理委員会代表・美能漁業協同組合代表理事組合長)が「土壌汚染処理施設建設は絶対に阻止する」と決意を述べた

来賓のあいさつや賛同アピールが10人続いたあと(紙面の関係で省略)、
山下江(江田島まちづくり推進協議会代表理事・弁護士)・・はい、私です
が、「まとめ」をして、檄を発した

最後に若手漁業者も壇上にあがり、シュプレヒコール
「汚染土えたじま持ち込み反対!」
「えたじまの自然と環境を守ろう!」

漁業者を含む住民の意向を無視して一方的に進められている汚染土壌処理施設。
輸送船の転覆や台風や大雨などにより一旦事故が起これば、大変なことになる。
風評被害も恐ろしい。
美しく豊かなえたじまの海と自然は、江田島市民を始めとしたみなの宝だ。
えたじまの自然にあこがれて移住者も増えている中での処理施設建設は、時代の流れに逆行する。

当日結成された「汚染土えたじま持ち込み反対協議会」は、広島県が処理業の許可を下ろさないように嘆願する署名運動を開始した
4月いっぱいを目途に1万人が目標だ。

呼びかけ人は以下のとおり(クリックで拡大)

呼びかけ人一覧

最後に署名用紙を添付します。印刷して署名を集めてください!
江田島市民以外でも、えたじまの海と自然を愛する人は是非ご協力お願いします。集約先は、署名用紙下に記載している「鹿川漁業協同組合」です。
よろしくお願いします

株式会社フルサワの汚染土壌処理施設についての嘆願

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です