[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

江田島市沖美町の汚染土壌処理施設建設計画に反対する「汚染土えたじま持ち込み反対協議会」は、5月12日午前、広島県庁を訪れ、広島県(環境部長)に、4万6745人(うち江田島市1万2536人)の署名を提出した
広島県への嘆願事項は「株式会社フルサワの汚染土壌処理業申請を許可しないでください。」

反対協議会は3月26日に結成され、1万人を目標に署名活動をしてきた。5月11日までの約1か月半で、目標を大きく上回る署名が集まった江田島市の4月1日現在の人口は2万4124人なので、人口の半分以上が署名したことになる現場から少し遠い江田島町(人口の半分近くを占める)にはまだ浸透していないことから、施設地元の沖美町や能美町ではほとんどの方が署名したと思われる。

久保河内代表から梅村環境部長に署名を手渡しした
梅村部長は「短期間で集まった署名の多さを真摯に受け止める。計画は地元合意が前提だ。」と
述べた。

その後、県政記者クラブにて記者会見。地元のほとんどのテレビ・新聞社が参加。
資料に基づき反対理由などを説明する久保河内代表

補足説明をするぼく(顧問)

久保河内代表は、江田島市の将来、子どもや孫などのためにも、
汚染土壌処理施設は認められないと、語気を強めて発言した。

署名提出を報じる5月13日付け中国新聞
右端にぼくの顔が半分写っている😀

KC4H0582

NHKのニュース
http://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20170512/5982271.html

反対協議会は、署名してくださった方々の気持ちに応えて、
汚染土壌処理業計画の撤回までがんばることを確認した。

皆様のご理解とご協力をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です