ハロウィンの次は「ブラックフライデー」?

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

ハロウィンの経済効果は、2015年には約1200億円で4年で倍増したというから、今年はもっと大きな金額になっていると思われる。10月31日夜はぼくはマリーナホップだったが、本通りでも5人に1人が仮装していたというから、結構日本にも浸透をしてきていると思われる。

ところで、ハロウィンの次の商戦はクリスマスかなと思ったら、アメリカでは「ブラックフライデー」というものがあるという。感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日から3日間行われる年に一度の大規模セール。どんな赤字企業もこのおかげで黒字に転じるので、そのように呼ぶらしい。その経済効果は約6.3兆円というからすごい❗それを報じるTKCコンピュータ会計の「事務所通信」📷

KC4H1546

まあ株式暴落の「ブラックマンデー」よりよっぽどいいね。
そのブラックフライデー、今年は11月17日(金)。
日本でもこれに合わせて、イオンや三越伊勢丹などが昨年から大特価割引セールを始めた。今年はもっと増えるかもしれない。イオンでは前年比115%増の売上を実現したという。

ところで、中国では、1並びの「11月11日」が爆買いの日のようだ。
アリババなどのネット販売が大規模セールをおこなっており、1日の売上が約2兆円という。http://www.asahi.com/articles/ASJCC11SYJCBUHBI04G.html

消費によりお金の流通が活性化することは、まあ、いいことなんだろうね😀