ノンアル専門のバーも続々誕生@ロンドン・ニューヨーク

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

日本経済新聞10月14日号によると、
世界で、ノンアルコール市場が拡大しているという。
蒸留酒世界最大手の英ディアジオ、2位の仏ペルノ・リカールも、と。
同記事

左上のグラフをアップ

記事の中身を読むと、
ロンドンやニューヨークでは、ノンアル専門のバーも続々登場している
というから、驚きだ。

ぼくも最近は、ノンアルがほとんど。
ノンアルで十分、楽しく酔えるようになっている。
ノンアルビールだが、アルコール度「0.00」と記載されていても、
完全にゼロではなく、それ以下の微量が入っている。

だから、ウーロン茶を飲んだ時とノンアルビールを飲んだ時は明らかに異なる。
ウーロン茶ではまったく感じられない「酔い」が、ノンアルビールでは感じる。

アルコール飲料は妊婦や子どもは禁止となっていることから、
体に悪影響を与えることもあることは広く知られていることだ。

ノンアルで酔える体なら、それが健康に一番いいと思うのだが、
どうだろうか。
記事によると、ノンアルの方が(メーカーの)利益率もよいそうだから、
酒類メーカーもノンアルの開発・販売をもっと進めていただければと思う。
ノンアルブームが広がることを期待する 😀

秋晴れの能美島(江田島市)南海岸

[ひらめき]ブログをお読みいただきありがとうございました。
冒頭の「弁護士」バナーをクリックが未だの方は、
以下の「弁護士」バナーをポチッとお願いできればと思います↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ