厳か・絢爛豪華の日光東照宮(その2)

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

徳川三代目将軍家光が、現在の金額にして400億円をかけて
大改造したという日光東照宮。絢爛豪華にして厳かな神社だ。
徳川家康が神格化され祭られている。

国宝に指定されている「陽明門」をバックに

陽明門の一部

508体の彫刻の集まりだ。
門の天井の一部

44年ぶりの大改装が平成29年3月に終了したところであり、
その技術の高さには驚愕すべきものがある!
http://www.toshogu.jp/

左甚五郎作「眠り猫」の彫刻(国宝)のあるところから、
207段の階段を上がった奥宮に徳川家康のお墓がある


ちなみに、家康は1542年生まれで(日光東照宮宝物館の年表)ぼくの410歳年上。
74歳で天下統一し、75歳で死亡。
何だかこのようにいうと親しみを感じるね 😀

深い山々に囲まれたこの地域は、年の3分の1が雨か霧か雪か
という気候で、木々の緑と苔におおわれている。
参拝日は幸いにも晴れており、
気持ちの良い、癒しを与えてくれた1日となった。

[ひらめき]ブログをお読みいただきありがとうございました。
冒頭の「弁護士」バナーをクリックが未だの方は、
以下の「弁護士」バナーをポチッとお願いできればと思います↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ