7月16日(土)、茨城県つくば市のつくば国際会議場にて、
環境省・浄化槽フォーラム主催の「浄化槽フォーラムin霞ケ浦が開催されたので、同フォーラムの理事として参加した。
テーマは「遊べる河川、泳げる霞ケ浦を目指して~浄化槽による公衆衛生と生態系保全~」

160716_1205

160716_1205

環境省からの最新情報や各地での活動が紹介された午前中の理事会

160716_1111

160716_1111

午後のフォーラムには約100人が参加。
浄化槽とウィルス除去との関係や生態系との関係などについて大学教授などが講演。さすが、つくば研究学園都市でのフォーラムだけあって、科学的な視点からの報告があり、刺激を受け勉強になった。
パワーポイントのほんの一部を紹介

160716_1423

160716_1423

160716_1432

160716_1432

以上は、間陽子先生(理化学研究所ユニットリーダー)
以下は、熊谷直喜先生(国立環境研究所特別研究員)

 

160716_1501

160716_1501

飲料や調味料などに比べて、合成洗剤などは分解に時間がかかり環境負荷はかなり大きいという。
ふん尿処理だけの単独浄化槽を使用している方は、台所や風呂などの排水も処理する合併浄化槽へと早急に変える必要がある。

茨城県からも報告。目次には水戸黄門のイラスト 😀

160716_1316

160716_1316

パネルディスカッション

160716_1617

160716_1617

生活排水と環境の問題について、国民的な意識が向上することを願う

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です