江田島市(江田島・能美島)に存在する唯一の高等学校である
広島県立大柿高等学校が廃校の危機にある。

細川洋校長のことば(同高のサイトより)
「状況は厳しいです。今年度(H28)1年で活性化策に取り組み,続く2年(H29・30)連続で全校生徒が80名を上回らなければ,学校の存続はありません。今年度,大柿高校は全校生徒68名でスタートしました。」

ぼくはNPO法人江田島まちづくり推進協議会理事長として、
大柿高校の存続にかかわっており、
6月には、グランドに芝張りをした(約300人参加)。

大柿高校芝植えに300人!

その大柿高校で11日、学園祭(柿高祭)が開催されるというので、
招待され参加した。広い体育館で少し寂しいが、舞台で生徒や教職員などによる演奏・合唱などが行われた。
15027654_1134864106594875_2146629752321891660_n
15055807_1134864166594869_1797242577370719855_n

細川校長からメッセージ

KC4H0036

KC4H0036

近隣の住民たちの協力もあり、芝生は順調に根付いている。
江田島市にはこの5年間で100世帯が移住してきている。
高校がなくなれば、移住も減少すると思われる。

引き続き、高校存続のために協力していきたい

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

山下江法律事務所が発刊した一般向け相続解説本

<相続・遺言のポイント50>弁護士による解説動画を公開中
下の「チャンネル登録」ボタンをポチッとクリックお願いします

山下江法律事務所 相続・遺言のポイント50

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です