先日、カープの25年ぶりセリーグ優勝、クライマックス進出、日本シリーズを題材にして書かれたフィクション小説「エンジェルボール」(広島本屋大賞受賞作)を演劇にした「赤魂」(あかだま)を見た。
主役の一人に次女の英会話の先生でありシンガーソングライターの十輝(とき)さんが出演し、また悪魔役に悪役俳優の柿辰丸さんが登場するというので、家族で出かけたのだ。

170110_2148

snsで拡散歓迎ということで、場面も写メに。

170110_2011

魔法のボール「エンジェルボール」は最後の1球を残せば命は助かるが、最後まで使うと命が終わりとなる・・・(上記場面は、主役の42歳の投手とエンジェル)
さて、日本一のため、あるいは、他の目的のために、最後の1球を投げることになるのかどうか・・・

最後に全員でお礼を

170110_2102

終演後、十輝さんと

170110_2109

柿辰丸さんと

170110_2111

子どもたちの元気なダンスもあり、大変楽しめた演劇だった

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

山下江法律事務所が発刊した一般向け相続解説本

<相続・遺言のポイント50>弁護士による解説動画を公開中
下の「チャンネル登録」ボタンをポチッとクリックお願いします

山下江法律事務所 相続・遺言のポイント50

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です