最近見るテレビドラマに「まっすぐな男」(フジテレビ系),「曲げられない女」(日本テレビ系)がある。偶然の一致かほぼ同時期に始まった。
 佐藤隆太演じる「まっすぐな男」は,深田恭子演じる「曲がりくねった女」に怒りながらも,バタバタし,次第に惹かれていく展開がおもしろい。かたや,菅野美穂演じる「曲げられない女」は,一途に司法試験を目指し,生活全般においても妥協を許さない。
 また、その頃公開された原作山崎豊子の映画「沈まぬ太陽」も、両ドラマとは重さがまったく異なるが、自らの信念を最後まで貫き通した日航の元労組委員長をモデルにした骨太のストーリーだった。渡辺謙演じる主人公は信念は貫き通すが最後まで反撃しないことには,若干のいらだちを残すものだった。
 ただ,いずれも,その主人公のストレートさには,心地よさを覚える。政治の世界を初め曲がったことが目立つ世の中だけに,このような作品に人気が集まるのだろうか。若い頃の「まっすぐな男」だった自分がなつかしい・・・・近頃は,何事にも丸くなってしまって。