日本の母子世帯は働いても貧困!貧困率56%

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
クリックすると現在の順位が出てきます。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

中国新聞セレクト版5月15日号に衝撃的な記事が掲載されていた。
全体の記事の様子はこれ

KC4H2614

OECDのひとり親世帯の平均就業率が66%に対し、
日本の母子世帯の平均就業率は81.8%と高い。

就業率が高ければ、貧困率は低くなると考えるのが普通だろう。
OECDでは実際にそうなっている。
貧困率は、母子世帯の未就業者で64.2%に対し、就業者は23.2%。

ところが、日本での貧困率を見ると、
母子世帯の未就業者が47.4%に対し、就業者の場合には56.0%と逆に増加しているというのだ それを示す記事

KC4H2615

ちなみに、母子世帯の手取り所得は平均220万円

KC4H2617

原因は、男女及び正規・非正規の賃金格差の大きさ、保育所不足など
と思われる。
少子化対策が急務となっている中で、母子家庭の貧困解消は一刻も早く解決せねばならない課題と思う。

*記事とは関係ありません。飛行機からの富士山

180527_0952

[ひらめき]ブログをお読みいただきありがとうございました。
冒頭の「弁護士」バナーをクリックが未だの方は、
以下の「弁護士」バナーをポチッとお願いできればと思います↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ