週刊「日経ビジネス」2016.6.13号に、「ビジネスウォッチ 選びの傾向と対策」として、2016年新作の世界の高級時計が5,60頁にわたって特集されていた。

ざっとめくってみた。
その中で、ひときわ目を引いたのがこれ

160617_0610

160617_0610

ダミアーニ(イタリア)の「アニマアリア」
解説によると、
「ツァボライトをセッティングした時計にダイヤモンドをセッティングした猿がじゃれつくという愛らしいデザイン」とある。
お値段は??

2100万6000円(予価)、今秋発売予定とか。

もう一つ、楽しいなと思った時計は

160617_0612

160617_0612

ルイ・ヴィトンの「エスカル オトマティック タイムゾーン スチール&ゴールド」。
このお値段は、156万6000円
時計の文字配置の既存の固定観念を取り払わないと、とても見にくいともいえるが、
何となく、自由な発想が生まれそうで、若干、ウキウキする

さて、ぼくだが、
ケイタイを持ち始めた20年前くらいからは腕時計とは無縁の生活
ケイタイで時間を確認できるし、
なるべく身に着けるものは少なくしたいという単純な発想から。

でも、たまには別世界を覗いてみるのも、いいもんだ

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
よろしければ、下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で1週間の合計クリック数で順位が決まります。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です